QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
mc1397

2021年06月24日

議会定例会報告

令和3年6月(第2回)岩倉市議会定例会報告

 6月3日から22日までの会期日程で開催され、報告4件、諮問2件、議案11件を審議し可決・同意されました。なお、委員会提出議案1件、議員提出議案2件が可決されました。また、陳情2件の提出がありましたが、「聞き置く」の扱いとなりました。

〇報告第2号 情報公開及び個人情報保護に関する運営状況の報告について
 情報公開に関する運営状況(令和2年度)請求件数72件、全部公開⒓件、一部非公開52件、非公開8件
 個人情報保護に関する運営状況(令和2年度)請求件数24件、全部開示4件、一部開示10件、不開示10件

〇報告第3号 令和2年度岩倉市一般会計予算継続費の繰越報告について
 令和2年度の「岩倉北小学校屋内運動場等複合施設建設事業」他1件の繰越計算書が報告されました。

〇報告第4号 令和2年度岩倉市一般会計予算繰越明許費の繰越報告について
令和2年度一般会計予算の3件の繰越明許費繰越計算書が報告されました。

〇報告第5号 令和2年度岩倉市公共下水道事業会計予算の繰越報告について
 令和2年度の「公共下水道工事」の予算繰越計算書が報告されました。

〇諮問第1号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 市内在住の大野代志子氏が適任となりました。

〇諮問第2号 人権擁護委員の推薦につき意見を求めることについて
 市内在住の杉浦真弓氏が適任となりました。

〇議案第50号 岩倉市監査委員の選任について
 市内在住の内藤充氏が同意されました。

〇議案第51号 岩倉市路上喫煙の規制に関する条例の制定について
 喫煙者と非喫煙者がともに快適に生活できるまちづくりに寄与するため、路上喫煙に関する規制を規定するもので、市民参加の路上喫煙等規制条例検討委員会(5回開催)でまとめられたものです。条例は9条建てで、市、市民等及び事業者の責務、路上喫煙禁止区域の指定等及び路上喫煙の禁止、指導等の内容です。議決後は、岩倉駅東西の駅前広場を路上喫煙禁止区域に指定するために、当該区域の住民、事業者等の意見聴取、指定、看板設置などの手続きへと進め、本年12月1日から完全施行となります(指導の規定以外の施行は本年9月1日です)。

〇議案第52号 岩倉市表彰条例の一部改正について
 主な内容は次のとおり
 ・本年の市制50周年記念式典(12月1日)に当たり、従来、内規に基づき5周年ごとに顕彰してきた特別功労表彰及び特別表彰を明文化すること。
 ・一般表彰及び自治功労者表彰の対象の見直しと明確化。
 ・特別功労表彰の対象及び特別表彰の明文化。

〇議案第53号 岩倉市税条例等の一部改正について
 主な内容は次のとおり
 ・非課税限度額における国外居住親族の取り扱いの見直し
 ・住宅ローン控除の特例の延長等・・・住宅ローン控除の控除期間13年の特例が延長され、令和4年末までの入居者が対象となる。
 ・固定資産税の課税標準の特例措置・・・雨水貯留施設の償却資産の課税標準を3分の1と定めるもの。
 ・軽自動車税関係・・・グリーン化特例の見直し(2年間の延長)

〇議案第54号 岩倉市都市計画税条例の一部改正について
 地方税法の一部改正により生じた項ずれを改めるもの。

〇議案第56号~58号 岩倉市道路線の認定、廃止及び一部廃止


 令和3年度補正予算の概要 
〇一般会計補正予算(議案第49号、55号及び59号
 補正額は3億1,412万2千円で、総額は160億8,997万8千円となります。
主な補正の内容は次のとおりです。
企画費 SDGs普及推進委託料 275千円
 SDGsの普及につながる取組を日本福祉大学の学生と連携して進めるための委託料。
市制50周年記念事業 405千円
  こいのぼりの折り紙でギネス世界記録に挑戦するため、折り紙協会への委託料などの経費。
公用車購入事業 5,260千円
  購入後25年を経過した公用車(特別職、議長等)を廃車し、新たな車両を購入するもの。
交通安全事業 自転車乗車用ヘルメット購入費補助金 400千円
  県と協調して事業を実施し、若年者(7歳~18歳)及び高齢者(65歳以上)の自転車乗車用ヘルメット購入費の補助金(上限2000円×200個)。県費充当200千円(1/2)
防犯推進事業 特殊詐欺等対策電話機等購入費補助金 150千円
  高齢者世帯を狙った特殊詐欺に対し、特殊詐欺等対策電話機等の購入費を補助するための補助金(5,000円×30件)。
安全安心カメラ設置管理事業 1,538千円
 安全安心カメラ10台を設置するための経費
児童福祉総務費 子育て世帯生活支援特別給付金(その他世帯分)支給事業44,300千円
  新型コロナウイルスジ感染症の影響が長期化する中で、低所得の子育て世帯の生活を支援するため、ひとり親世帯以外の世帯に対する生活支援特別給付金の支給に必要な経費(給付金、人件費、消耗品費、郵送料など)。全額国費となります。
社会福祉総務費 プレミアム商品券特別支給事業 39,662千円
  新型コロナウイルス感染症対策として、低所得世帯を対象に市内店舗で使用できる商品券を支給するための経費。1世帯に1セット(7,500円分の商品券)を支給する。全額国費充当
老人福祉費 高齢者地域見守り事業 1,261千円
  新型コロナウイルス感染症対策として、高齢者のサロン活動等でのオンラインによる地域活動を支援するため、タブレット端末や通信端末等を導入するための経費。全額国費充当
生活保護総務費 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金支給事業6,278千円
新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、社会福祉協議会が実施する総合支援金の再貸付が終了するなどにより、特例貸付を利用できない生活に困窮する世帯のうち、一定の要件を満たすものに対して、生活困窮者自立支援金を支給する経費(人件費、郵送料、自立支援金など)。全額国費充当
衛生費 新型コロナウイルスワクチン接種事業 72,815千円
  集団接種日程の増(22回→100回)に伴い、医師に加え歯科医師や薬剤師等の協力を得るための謝礼及び接種会場の運営体制等の業務委託料の増額。また、現在、市職員が行っている医療機関等接種会場へのワクチン配送を委託する業務委託料の経費。全額国費充当
環境衛生費 環境衛生事業 1.463千円
 名鉄岩倉駅前周辺において、路上喫煙禁止区域を指定するにあたり、禁止区域内における喫煙所仕切用植栽、禁止区域案内看板、路面貼付シール等を設置するための委託料。
商工振興費 2,930千円
 中小企業・小規模企業活性化行動計画改定事業委託料 1,430千円
 ビジネスサポートセンター運営費事業費補助金 1,500千円・・・販路拡大、人材確保、BCP(事業継続計画)策定に対する補助金
新型コロナウイルス感染症対策プレミアム商品券発行事業 89,755千円
  新型コロナウイルス感染症対策として、市内の消費を喚起するため、市内店舗で使用できるプレミアム付き(50%)商品券の販売等をするための委託料。1セット5,000円の商品券購入額で2,500円分(50%)のプレミアム分を付け、7,500円(500円×15枚)の商品券を発行し、1人最大2セットまで購入可能(市内在住者に限る。)、予約販売のみとする。プレミアム商品券発行総額は、2億2,500万円(7,500円×30,000セット)、うちプレミアム分の総額は、7,500万円(2,500円×30,000セット)とするもの。
 商品券の使用期間は、令和3年9月14日から令和4年1月16日まで。
 国の臨時交付金及び県の補助金を充当する。
道路新設改良費 物件調査業務委託料 5,159千円
 稲荷町・曽野町地区における市道南427号線について、道路の延長工事(15m)を実施するための物件調査業務委託料。
石仏公園整備事業 測量設計等委託料 13,299千円
 平成27年度策定の基本設計について、運動施設としての占用面積や貯留機能等の見直しを行うにあたり、当初の設計の修正を行うための業務委託料。
消防施設費 修繕料 4,831千円
 防火水槽(2基)の簡易耐震化をするための修繕。
中学校教育振興費 修学旅行等キャンセル料補償金 2,009千円
 中学校の修学旅行の延期に伴うキャンセル料の補償金。全額国費充当
図書館費 セルフ貸出システム等導入委託料 324千円
 新型コロナウイルス感染症対策として、図書館において新たにセルフ貸出システム(1台)を導入するための委託料。全額国費充当
文化財保護費 織田伊勢守信安没後430年記念講演会講師謝礼 100千円
 市制50周年の記念として、織田伊勢守信安や岩倉城についての講演会開催の講師謝礼の経費。
総合体育文化センター施設改良費 
総合体育文化センター外壁改修工事等設計業務委託料 16,489千円

〇委員会提出議案第2号 岩倉市議会会議規則の一部改正について
 現在、設置されている公共施設再配置検討協議会の「協議等を行う事項」について、「公共施設の再配置に関すること」を「岩倉市公共施設等総合管理計画、岩倉市公共施設再配置計画及び岩倉市公共施設長寿命化計画に関すること」に改めるもの。

〇議員提出議案第1号 学校教育におけるデジタルトランスフォーメーションを適切に進めるための意見書・・・内閣総理大臣等へ送付されます。
〇議員提出議案第2号 弱い立場に置かれた多くの性犯罪被害者の救済を求める意見書・・・内閣総理大臣等へ送付されます。
以上


この記事へのトラックバックURL