QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
mc1397

2018年09月30日

議会定例会報告

平成30年9月(第3回)岩倉市議会定例会報告

8月27日から9月27日までの会期日程で開催され、報告3件、議案18件、委員会提出議案4件を審議しました。
議案の議決は、可決11件、認定(決算)7件で、委員会提出議案はすべて可決されました。なお、請願9件(継続審査2件含む)は、採択7件、趣旨採択2件(継続審査)の議決となりました。
この他、陳情2件の提出があり、1件は趣旨採択、1件は「聞き置く」となりました。

〇報告第7号 平成29年度岩倉市健全化判断比率の報告について
〇報告第8号 平成29年度岩倉市公共下水道事業資金不足比率の報告について
〇報告第9号 平成29年度岩倉市上水道事業資金不足比率の報告について
*以上の第7号から第9号までの報告は、いずれも健全かつ良好でありました。

〇議案第55号 岩倉市教育委員会委員の選任について
 井上隆義氏(市内在住)が引き続き選任同意されました。任期は本年10月14日から平成34年3月31日までです。
〇議案第56号 岩倉市の長の選挙におけるビラの作成の公営に関する条例の一部改正について
 公職選挙法の一部が改正され、市の議会の議員の選挙において、候補者の政策等を有権者が知る機会を拡充するため、候補者が選挙運動のためのビラを頒布することができるようになりました。単価の限度額は7円51銭、作成枚数の限度は候補者1人につき4,000枚(2種類まで作成可能)、公費負担限度額は30,040円(7円51銭×4,000枚)。平成31年3月1日から施行。

議案第57号から議案第61号まで、議案第71号及び72号は補正予算であり、内容は次のとおり。
【平成30年度補正予算の概要】
〇一般会計補正予算 3億4093万2千円
<地震対策関連として、本年6月の大阪府北部地震のブロック塀倒壊事故を教訓に公共施設の危険個所を点検した結果、次のような対策を施すもの>
老人憩の家施設管理費 61万1千円
 南部老人憩の家の西側敷地境のブロック塀改修。
中学校施設管理費 200万円
 岩倉中学校のプール南西側ブロック塀の改修を緊急に実施したため、今後の緊急修繕に係る修繕料を増額するものです。

<台風21号襲来による被害を復旧するもの>
保育園施設管理費 106万9千円
 仙奈保育園のフェンス及び西部保育園の倉庫の屋根が破損したため、修繕料を増額するものです。
自然生態園施設管理費 11万3千円
 自然生態園の樹木の幹及び枝(3か所)が折れたため、伐採・運搬・処分等に係る委託料を増額するものです。
桜管理等事業 1105万6千円
 五条川の桜の倒木(11本)や太い枝(69本)が折れたため、伐採・運搬・処分等に係る委託料を増額するものです。
交通安全施設設置事業 102万2千円
カーブミラー(5基)の支柱等が破損したため、修繕料を増額するものです。
公園施設管理費 48万6千円
 中央公園の西側フェンス及び天神公園の公園灯の灯具が破損したため、修繕料を増額するものです。
史跡公園施設管理費 12万6千円
 史跡公園にあるウメの木(2本)が倒れかかっているため、立て起こすための委託料を増額するものです。
体育施設管理費 140万4千円
 野寄テニスコートの南側フェンス(40m)が破損したため、修繕料を増額するものです。

<防災対策関連>
防災対策費 405万円
 落雷により同報系防災無線の屋外拡声子局(岩倉南小学校、自然生態園)の基板が破損したため、修繕料を増額するものです。

<健幸都市宣言関連として、実施すべき施策。「健幸都市いわくら」を平成30年12月1日の市制47周年記念式典で宣言します。>
健康増進事業 182万2千円
 健幸都市宣言に当たり、啓発用クリアファイル等の消耗品費、五条川健幸ロード周知用リーフレットや健幸カード等の印刷製本費、記念イベント講演の企画委託料の予算です。
尾北自然歩道八釼憩いの広場整備事業 557万8千円
 五条川健幸ロードの整備に伴い、八釼憩いの広場内に健康器具等を設置するための工事費の予算です。
道路維持費 1042万2千円
 五条川健幸ロードの整備として、橋名板・案内板デザイン作成等や橋名板設置の委託料、整備工事費や原材料費、当初見込みより道路舗装等修繕が必要となったための修繕料の予算です。

<石仏駅整備関連>
名鉄石仏駅東側駅前整備事業 1億1633万7千円
 土地取得費(2名2筆:664.15㎡)及び物件移転補償費(2名)の予算です。関係者の皆様のご協力に感謝します。

<その他緊急に必要とする予算>
徴収費 95万1千円
 共通納税システム導入改修業務委託料で、平成31年10月から全国一斉に始まる地方税共通納税に対応するためのシステム改修の経費です。
戸籍住民基本台帳費 事務管理費 49万7千円
 住民票、個人番号カード等への旧姓の記載対応について、システム改修に係る仕様書の改定があったため、委託料を増額するものです。
国民年金費 事務管理費 92万9千円
 国からの通知に基づき、国民年金第1号被保険者の産前産後期間の保険料免除や処理結果一覧表の電子媒体化等を実施するためのシステム改修委託料です。
多世代交流センター施設改良費 多世代交流センター駐車場新設整備工事  194万4千円
 無償で借用する八剱町地内の土地(365.06㎡)について、多世代交流センター駐車場用地として整備するための工事費です。
母子生活支援施設等措置費 576万円
 母子生活支援施設措置対象者数が見込みより多かったため、施設措置費を増額するものです。
生活保護総務費 事務管理費 162万円
 本年10月以降における生活保護基準の見直しに係るシステム改修が必要であるため、委託料を増額するものです。
用排水路改修事業 740万円
 当初見込みより水路等修繕が必要となったため、修繕料を増額するものです。
排水機場等管理費 150万円
 当初見込みよりポンプ等修繕が必要となったため、修繕料を増額するものです。
駅前広場・地下連絡道等管理費 118万円
 当初見込みよりエレベータのピットポンプ、駅南地下連絡道の階段部内壁等修繕が必要となったため、修繕料を増額するものです。
舗装側溝工事 6300万円
 舗装(延長540m、面積3300㎡)、側溝(延長360m)に係る工事費。
橋梁長寿命化事業 0円
 橋梁改修工事設計委託料 796万円
 跨線橋点検業務委託料 △796万円
 当初内示を受けた国庫支出金を有効活用するため、平成31年度以降の実施予定であった八釼橋、長瀬橋、幼川橋、伊勢橋の改修工事の設計委託料を増額するもの。また、執行額に合わせ跨線橋点検業務委託料を減額するものです。
桜通線街路改良事業 1964万6千円
 物件調査業務委託料 906万1千円
 土地取得費 △689万8千円
 物件移転補償費 1748万3千円
 用地交渉の結果、当初予定から対象土地等に変更が生じたため、物件調査業務委託料、物件移転補償費を増額し、土地取得費を減額するものです。
一宮春日井線道路改良事業 478万5千円
 一宮春日井線は、県及び小牧市と協議しながら進めており、小牧市と岩倉市それぞれで現地測量を実施するための委託料の予算です。現在、カネスエまでとなっておりますが、155号線の渋滞緩和や生活道路まで通過車両が進入し危険となっている交通環境を改善するために県・小牧市・岩倉市の三者で、今後、推進していくこととなります。今回の補正は、その第一歩となるもので、早期の路線開通が望まれます。
公共下水道事業特別会計繰出金 71万8千円
 一般会計からの繰出金を増額するものです。
市営住宅施設管理費 114万5千円
 点検の結果、市営住宅の高架水槽に係る遮光塗装が必要となったため、修繕料を増額するものです。
常備消防費 事務管理費 83万5千円
 新規採用職員2名の採用に当たり、防火被服等の消耗品費や職員用ロッカーの備品購入費を増額するものです。
常備消防事業 73万2千円
 新規採用職員2名の採用に当たり、県の消防学校への研修に係る旅費及び負担金を増額するものです。
学校建設費 土地取得費 7048万6千円
 岩倉南小学校の借地の一部(3名3筆:1428.3㎡)を購入する予算です。
旧学校給食センター取壊事業 170万8千円
 旧学校給食センター取壊しのための設計委託料です。

〇国民健康保険特別会計補正予算  5657万3千円
国庫負担金等償還金(平成29年度決算に伴う返還金)

〇公共下水道事業特別会計補正予算 865万2千円
 修繕料 448万4千円・・・曽野町公会堂2階の空調機取替修繕、大市場町公会堂の男女トイレ便器等修繕
 消費税及び地方消費税 416万8千円・・・平成29年度分の消費税及び地方消費税額の確定により増額するもの。

〇介護保険特別会計補正予算 1億9239万5千円
 介護給付費準備基金積立金 1億万2707千7円・・・29年度剰余金を積み立てます。
 国庫負担金等償還金 3884万1千円・・・平成29年度決算に係る歳入超過分を国・県・支払基金に返還します。
 一般会計繰出金 2647万7千円・・・平成29年度決算に係る歳入超過分を一般会計に繰り出します。

〇上水道事業会計補正予算 201万5千円
 配水及び給水費 60万円・・・人事異動に伴う職員増により、期末勤勉手当に不足が生じるため、増額するものです。
 原水及び浄水費 141万5千円・・・台風21号の襲来により旭町の第1水源の屋上防止シートが剥離したため、修繕料を増額するものです。

【平成29年度決算認定 議案第62号から議案第68号まで】
 一般会計歳入歳出決算認定を始めとした、各会計の決算については、すべて認定されました。一般会計決算の概要は下に掲載してあります。

【その他の議案の概要】
〇議案第69号 委託業務中の火災により生じた損害の賠償に係る和解について
 平成30年5月1日に発生した委託業務中の火災は、石仏駅東の分別収集場所で金属・小型家電を回収した事業者の塵芥収集車から発生したもので、近くの清掃事務所敷地内に車を移動させ、消火に当たったものですが、かご類やアスファルト等の破損があったため、事業者側に損害について賠償を求めるもので、和解の内容は「現物による弁償及び原状回復(1,046,628円相当)」です。
〇議案第70号 健幸都市宣言
 宣言文
  満開の笑顔のもと、いつまでも健やかに
  自分らしく暮らし続けられる幸せなまちを目指して、
  ここに「健幸都市いわくら」を宣言します。
  1 食への感謝とバランスのとれた食生活
  2 心豊かに楽しく続けられる運動習慣
  3 五条川をはじめ身近な自然を楽しむ生活
  4 人と地球とのきずなをつむぐまち
  5 一人ひとりの個性を大切にする社会
    平成30年12月1日
     岩倉市長 久保田 桂朗
 *「健幸都市いわくら」を平成30年12月1日の市制47周年記念式典で宣言します。

【請願】
〇西部保育園の維持・存続に関する請願(継続審査)・・・趣旨採択
〇公立保育園の適正配置・適正規模の方針案の基準見直しに関する請願(継続審査)・・・趣旨採択
〇定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める請願書・・・採択
〇国の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める請願書・・・採択
〇愛知県の私学助成の拡充に関する意見書の提出を求める請願書・・・採択
〇岩倉のすべての子どもたちが心身ともに健やかに成長できる環境をもとめる請願書(0歳児保育の実施園の拡充を望みます。希望するすべての家庭の子どもがきょうだいで同一の保育園に入園できるよう望みます)・・・採択
〇保育環境をより向上させるために保育士増員を求める請願書(全保育園に対し、計画的な保育士の増員を望みます)・・・採択
〇保育の充実を図るため育児休業中の保育について保育継続を求める請願書(育児休業中の保育について、2歳児未満の在園児の保育継続を望みます)・・・採択
〇保育園への送迎時の混雑解消や安全のため駐車場対策を求める請願書(全保育園に対し、早急な駐車場または駐車スペースの確保(拡充)を要望します)・・・採択

【陳情】
〇臓器移植の環境整備を求める意見書の採択を求める陳情書・・・聞き置く
〇私立高校生の父母負担を軽減し、学費の公私格差を是正するために市町村独自の授業料助成の拡充を求める陳情書・・・趣旨採択

【委員会提出議案】
〇岩倉市議会基本条例の一部改正について
 「委員会代表質問」を追加しました。これにより、各常任委員会で行政視察し調査研究するテーマについて、その成果を執行機関に政策提案することが可能となります。また、市民の皆さんとのふれあいトーク(議会報告会・意見交換会)において頂いた意見、要望、提案なども取り上げることができます。
 12月定例会から実施することになります。
〇定数改善計画の早期策定・実施と義務教育費国庫負担制度の堅持及び拡充を求める意見書(国あてに提出)
〇国の私学助成の拡充に関する意見書(国あてに提出)
〇愛知県の私学助成の拡充に関する意見書(愛知県知事に提出)

平成29度一般会計決算の概要
 平成29年度の一般会計決算額は、歳入が148億8384万6千円(28年度比10.4%減)、歳出が141億8796万1千円(9.3%減)で、歳入歳出差引額は6億9588万5千円となり、この額から翌年度へ繰越すべき財源909万6千円を差し引いた実質収支額は6億8678万9千円となり、28年度の実質収支額9億5976万9千円と比較すると、2億7298万円の減少となりました。
 歳入では、市税は総額で67億9515万4千円(0.8%増)となり、その内訳は個人市民税が給与所得の納税義務者の増加により28億6865万3千円(1.9%増)、法人市民税は法人税割の減収により3億5516万9千円(11.9%減)となりました。固定資産税は店舗や倉庫の建設等により27億1219万9千円(1.9%増)、都市計画税は5億796万6千円(1.9%増)、軽自動車税は7699万3千円(4.0%増)、たばこ税は2億7417万4千円(5.2%減)となりました。
地方交付税は、普通交付税では11億9892万3千円(2.0%増)となりました。また、特別交付税は1億8299万3千円(6.9%減)となり、全体では13億8191万6千円(0.7%増)となりました。
市債は7億2520万円(55.1%減)となりました。歳入総額に占める自主財源の割合は58.6%で前年度に比べ1.6ポイント高くなりました。
 歳出では、人件費は27億5877万5千円(2.2%増)、投資的経費である普通建設事業費は8億1891万7千円(64.9%減)となりました。減少の主な要因は新学校給食センター建設工事、災害対応特殊はしご付消防自動車購入費、岩倉北小北館給排水・衛生設備等改修工事が皆減となったことによるものです。
 財政構造を指標でみると、経常収支比率は85.5%で前年度に比べ0.2ポイントの上昇となり、また、実質公債費比率は3.5%で前年度に比べ0.5ポイント改善されました。財政力指数は0.83で前年度と同じ数値でした。
 こうした決算の状況から、将来をどのように見据えていくのかが問われています。監査委員による「決算審査意見書」では結びとして、次のように指摘しております。
 「平成29年度も歳入面でその大きな割合を占める市税は微増ではあるが増加した。一方で少子高齢化や生産年齢人口の減少という人口構造の変化などにより将来に向けて大きな税収の増加を見込むことは難しい状況にある。しかし、公共施設の老朽化はその間にも進行し、地震や気候変動による大雨などへの災害対策費用も今後増大してくる可能性がある。さらに、すでに動き出している事業や計画以外に、緊急で対処が必要になる事業が発生することも考えられる。このような状況においては、・・・「選択と集中」について従来以上に意識する必要がある。・・・市民が求めているサービスは何か、何が最も重要で喫緊の課題になっているのか、などの情報の精査が必要である。従来の事業については、投資に見合った効果があるのかどうかを評価・検証し、・・・事業の整理、見直しを断行しなくては必要な事業に資源が回らない。」
 この先、継続中の事業のほか、小中学校における空調機設置、川井町・野寄町の工業系土地開発、一宮春日井線街路整備、石仏駅東側駅前整備、老朽化した公共施設の再配置(更新、統合化、複合化、譲渡、廃止など)、社会保障関係経費の増大など重要な事業が目白押しとなっています。監査委員の指摘を受け止め、財政の規律を持って、「最小の経費で最大の効果」を上げることはもちろんのこと、積極的な財源の確保、更なる事業の整理と見直し、そして将来世代に過度な負担を残さない、的確な行財政運営に努めていくことが必要であると考えます。

9月議会定例会を振り返って
 本定例会は、決算議会と言われるように、平成29年度一般会計歳入歳出決算認定、5つの特別会計及び上水道事業会計の決算認定とともに、平成30年度一般会計補正予算、4つの特別会計の補正予算、条例の一部改正、健幸都市宣言のほか4件の委員会提出議案の審議が行われました。また、9件の請願、2件の陳情についても審議しました。
 これらの議案等については、本会議及び委員会において、各議員から一問一答方式の質疑が行われました。
 本定例会の特徴として、
・議会基本条例に「委員会代表質問」が追加改正されたことで、今後、各常任委員会において、行政視察の成果を本会議で政策提案できること、また、市民の皆さんとのふれあいトーク(議会報告会・意見交換会)において、お聞かせいただいた意見、要望、提案などを質問として取り上げことができるようになり、議会の原点である「市民の声、意見などを市政へ反映させること」を実践できること。
・各常任委員会において、議員間討議が積極的に行われ、委員の意見表明、一致点を見出すための合意形成の努力が見られ、特に請願においては、採択、趣旨採択という議決ではありましたが、市民の提案や意見に対し真摯な審議が行われたこと。
・最終日の冒頭に、議場防災訓練(シェイクアウト訓練及び避難訓練)が初めて行われたこと。
・本会議や常任委員会において、執行機関及び議員から問題視される発言があり、議会運営委員会において協議したこと。
・継続審査となった請願を巡り、議員が不当な介入をしたのではないかという疑義が会期中に問題となり、議長から真相を解明するよう調査を議会運営委員会に諮問し、最終日に議会運営委員会委員長から調査結果が答申として報告され、当該議員から本会議場において陳謝があったことなど、定例会としては異例な事態があったものの、議員全員で議論する中で、議会としての自浄機能が発揮され、情報を共有できたことで、議会基本条例の理念である「公平・公正・透明な開かれた議会運営の追求に努めなければならない」ことの実践ができたこと。
 本定例会の質疑の過程で、各議員からの指摘や意見について、定例会が終了したから終わるのではなく、本年度の予算執行や次年度の予算編成につなげていけるよう、政策サイクル確立に向けて更なる努力をしてまいります。

ご精読いただき、ありがとうございます。





  

Posted by mc1397 at 11:54Comments(269)TrackBack(0)