QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。 解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
mc1397

2018年06月03日

新会派「真政クラブ」

岩倉市議会会派「真政クラブ」を結成しました
議会改革(議会活動の活性化)を進めます

 平成30年6月1日付けで、岩倉市議会新会派「真政クラブ」を7名で結成しました。その設立趣旨及び綱領は次のとおりです。

<設立趣旨>
日本の地方自治政治においては、二元代表制の下、直接公選によって選出される首長と、議員の合議制かつ議決機関である議会との緊張関係によって運営される自治体政治が想定され、それぞれが住民代表としての役割と民意の掌握を競い合っている。
 岩倉市議会基本条例の理念にある「より良い市民生活、市民福祉及び市政発展に寄与する」ために、行政監視機能及び政策立案機能の強化が不可欠である。同条例第2項「会派は、共通の理念を持つ集合体であって、政策立案又は提案を行うための調査研究に努めなければならない。」と規定している。
 私たちは、市民に信頼され、市民とともに歩む議会を目指し、同条例を真に実践するため、議会改革(議会活動の活性化)に取り組む議員集団として「改革」の旗の下に結集した議員でもって設立するものである。

<綱領>
一 私たちは、市民の代表として、責務と役割を深く認識し、議会基本条例の前文に掲げる「より良い市民生活・市民福祉・市政発展」を目指すため、議会改革(議会活動の活性化)を積極的に推進する。

二 私たちは、二元代表制の一翼を担う議会の役割と機能を理解し実践することで、市民に信頼される開かれた議会を目指す。

三 私たちは、行政監視機能及び政策立案機能を十分に発揮し、積極的に政策提案(提言)を行う。

四 私たちは、一人ひとりが自立した議員として認め合い、それぞれが問題意識に基づいて自由な調査・研究・討議を通じて自己を高める議員の集合体であり、互いが協力、協働して目的達成のため行動する。

<構成メンバー>
塚本秋雄議員(会長)
鈴木麻住議員(幹事長)
堀 巌議員(経理責任者)
宮川 隆議員
大野慎治議員
櫻井伸賢議員
黒川 武議員

<黒川から一言>
 私は、平成23年5月から議員に就任して以来、所属しておりました会派「創政会」を平成30年5月21日付けで退会しました。会派構成の要件である「共通の理念」を持ち得なくなったためであります。私は、平成29年度の議長として議会改革(議員活動の活性化)を進めてまいりました。30年度の議長選挙において、私の立候補の所信表明に対し、所属する「創政会」から賛同が得られず、やむなく退会し、議会改革の志を持つ議員と「真政クラブ」を結成したものであります。平成30年度も引き続き議長の職を務めることになりましたが、志を高く持って議会改革を進めてまいります。


  

Posted by mc1397 at 23:26Comments(70)TrackBack(0)